Amazonの第2会社の本部開設、ヴァージニア州と“展開した協議”との報告

この種の決断については、疑う余地もなく時間が必要である。

そして勿論Amazonは全米中の候補地から、映えある第2本社に決定する意味ある都市のみを候補としている。


しかしながらThe Washington Postの新しい報告によると、その確定というビッグなニュースは間近いようだ。


Bezosが持つ新聞は、大型の小売企業がワシントンD.C.のすぐ南に位置しているバージニア州北部のクリスタルシティーと“繰り広げた協議”をしていると発表している。


クリスタルシティーとの協議は、他の競合都市との会議よりもより一層進んでいて、“より細やか”であるとのことである。


近場に地下鉄の駅があり、主要エアポートにも近いことなどが譲れない条件だが、それらをクリスタルシティーは満たしている。


この協議の糸口となるのが、どれだけキャパシティーがあり、いかに早く引っ越しに踏み出しられるかだ。


正直なところ、地元の大手不動産デベロッパーは公表に備え、見るからに過去数カ月、ビルを選出している。


従業員数百人が働く最初の引っ越しに使用されるビルはAmazonによって9カ月の間に占領されることになる可能性がある。


最終結果がいつされるのか細やかな知らせははないが、同紙は中間選挙後迄にはと報道していて、簡単に言うと早ければ水曜日にも発表される考えられる。


<アマゾン講座>

アマゾンで1つの商品だけで150万円を販売する現実的なオリジナルブランド戦略


<レポートはこちら>

中国輸入代行を激安で提供するVBC

中国輸入代行を激安で提供するVBCのサービス紹介サイトです。義烏(イーウー)、上海(シャンハイ)、広州(コウシュウ)、珠海(ジュハイ)、香港から毎日発送中。中国仕入れを代行するのはもちろんのこと、日本国内での卸売代行ま行う、まさにワンストップサービスのVBCです。

0コメント

  • 1000 / 1000